内科のお医者さんに聞いてみた Archives | 教えて!新宿の内科のお医者さん

menu
HOME » 内科のお医者さんに聞いてみた

内科のお医者さんに聞いてみた

新宿内科で治せる症状と緊張と薬

体調不良なら新宿内科

体調不良は誰もがなるものなのですが、ほとんどの人は様子見で終わらせてしまいます。

確かにちょっとしためまいくらいであれば、誰もが一度は経験したことがあるでしょう。

しかし、忙しい現代だからこそ体調不良を甘く見ておくというのは危険です。

ストレスが多い社会では免疫力も低下している人が多く、抵抗力も低下してしまって、風邪などを引きやすくなってしまっている人も少なくはありません。

そんな時には、新宿の内科に相談してみるというのが良いかもしれません。

『新宿内科で治せる症状と緊張と薬』 の続きを見る

新宿内科で診る症状と薬の期限

新宿内科で診てくれる症状

新宿内科ではどのような症状を見てくれるのでしょうか。
内科とはよく言うものの、そもそもどのような症状を見てくれるのかわからない人も多し。
事実、新宿にある内科でも診てくれる症状がわからないと言う人もいます。
それほど内科に対して関心を持っている人が少ないのも問題ですが、「これ」と言ったはっきりとした診療科目ではないこと自体も少し問題かもしれません。
耳鼻科なら耳や鼻のこと、眼科なら目のこと、産婦人科なら妊娠出産のこと。
しかし、内科は「内なること」を診てくれるのかと言えば半分正解で半分不正解です。
内科の役割としては、実は総合商社のような役割があると思ってください。
症状がわからないけれど、とりあえず体調不良の時には内科を受診する。
そういう医療機関を受診する最初の受付のような役割を持っているわけです。
つまりは目でも鼻でも口でも、はたまた身体の中のことでも不調を感じた場合は相談することが可能となっています。
『新宿内科で診る症状と薬の期限』 の続きを見る

新宿駅にある内科病院の内容

内科病院の診察内容

内科病院ではどのような診察内容を持っているのでしょうか。

これに関しては、自分の中でわかっていないという人も多いのではないでしょうか。

実際に内科に関しては、具体的に何を診てくれる診療科目なのか難しいです。

実は内科は総合的な診療科目とも言われており、基本的には手術などを用いることなく、薬などの服用によって治療を進めていく診療科目となっています。

身体の中の不調であれば相談に乗ってくれることが多く、症状がわからないという時には「とりあえず内科を受診しておこう」と思っている人も多いです。

その認識はあながち間違ってはいませんし、内科は診てくれる症状も幅広いです。

近年は新宿駅など都会の中心部にある内科もあり、生活の中で不調があった時にはすぐに相談できるようになっています。

内科で治療できる病気

内科で治療できる病気の内容としては、どのようなものがあるのでしょうか。

代表的な内科の治療としては、風邪などがありますね。

風邪を引いた時には内科を受診するというのが一般的となっています。

ただ、症状がはっきりしている時には耳鼻科や咽喉科を利用する人もいるでしょう。

ここで診療科目について勘違いしている人もいるので説明しますが、実は診療科目はあくまでも症状に合わせて受診するための目安となるものです。

明らかに骨折や脱臼など、骨に関することなら形成外科などを受診することが必要です。

しかし、頭が痛いとか喉が痛い、耳や鼻が痛いというのははっきりと病気もわかりません。

そんな時、症状に合わせて受診するために用意されているのが診療科目というものです。

内科は身体の中の病気を治療していくものなので、そこはまずあまり難しく考えずに相談すると良いでしょう。

内科と保険

内科病院では保険が適用となるのかどうかも気になってくるのではないでしょうか。

これに関しては先に結論を言ってしまうと、ほとんどの場合は保険適用となります。

そのため、治療費についても高くなることはなく、安心して受診できます。

できれば症状に合わせて治療してもらうことが必要なので、内科だけに相談すれば良いという限りではありません。

しかし、内科は保険が適用できる治療がほとんどなので心配は必要ありません。

不安な人は、まずはそれぞれの内科に相談してみるというのも良いかもしれません。

そこで自分の症状も治してくれそうな病院であれば、長く使っていくとい良いでしょう。

内科で治せるメタボの診察

メタボが近年急増中

メタボに悩まされる方は年々増加していて、むしろ危機感を持つ人は減りました。

ちょっとお腹が出ているくらいならあまり気にしていないという人も多いでしょう。

しかし、メタボになるということは、生活習慣が乱れていることも考えられます。

実はメタボなのが悪いのではなく、メタボになってしまう生活に問題があります。

慢性的な運動不足や睡眠不足になっている人が多い他、食生活が乱れてしまっているということも少なくないです。

メタボはしっかり治療しなければ、より症状も悪化していくことが多いです。

なぜなら他の病気とは違い、メタボは病気という認識が圧倒的に低いためと言えます。

もちろん、メタボは病気とは言えないのですが、それでもやはり危険です。

様々な生活習慣病の原因にもなるので、十分に気をつけておくことが必要となります。

『内科で治せるメタボの診察』 の続きを見る

内科で治せる呼吸器の不調

咳が止まらない

内科で治せる呼吸器の不調としては、咳などが代表的なものとなります。
咳というのは喉などに外部からのウイルスや菌が侵入した時、それを吐き出そうとすることを意味しています。
そのため、風邪などを引くと咳が止まらなくなるということもあるのではないでしょうか。
これらの咳に関しては、放置していても良いことはありません。
多くの人は単なる風邪だと思って放置してしまうのですが、別の病気も考えられます。
呼吸器の不調の中でも一般的なものだからこそ、素人目で判断してしまうことも。
そのため、咳が止まらないという時には内科などに相談することをおすすめします。
内科は呼吸器科のような役割を持っていることもあり、特に風邪などによる喉の不調に関しては治療が可能なこともあります。
『内科で治せる呼吸器の不調』 の続きを見る

胃腸の不調について

胃腸の不調について

胃腸にも調子の良し悪しがあり、不調となることもあります。
そうなると食欲がなくなったり、胃がもたれたり、吐き気がしたり、下痢や便秘になったりと、いろいろな症状が現れます。
その症状によっては満足に食事がとれなくなったり、食べたものがきちんと消化されずに出ていってしまったりと、体力を大きく消耗することもあります。
胃腸の不調が起きているとき、その症状によっては早めに病院で診察を受けるといいでしょう。
『胃腸の不調について』 の続きを見る

体のだるさの診察

体のだるさの診察

体がだるくて困っている方もおられるでしょう。
疲れているときなど体のだるさは誰しもが感じることですが、休養を取れば自然に解消します。
しかし休養を取ってもだるさが解消せず、ずっと続いているなら何か異常が起きている可能性もあります。
このときは病院で診察を受けることも考えるといいでしょう。
内科で診察を受けると何か異常があるか診察を行って調べます。
体のだるさを引き起こす病気ですが、これはたくさんあります。
風邪をひいたときも体のだるさは症状として現れますよね。
このときは健康なときに比べて起きているのがつらく、いつもより疲れやすかったり、気力が出なかったりすることも多いでしょう。
このようなだるさなら風邪を治すことでそのだるさも解消されます。
『体のだるさの診察』 の続きを見る

診察での血液検査

診察での血液検査

内科で診察を受けたときに血液検査が行われることもあります。
医学の進歩により、血液を調べることでさまざまなことがわかります。
何のために血液検査をするのかはそのケースによってさまざまですが、たとえば特定の病気の有無を調べるためにこの検査が行われるといったケースがあります。
問診や聴診などを使って診察をして、ある程度可能性のある病気を絞り込んでも、それだけでは完全に特定の病気だと診断はできない場合もあるのです。
『診察での血液検査』 の続きを見る

血圧の疾患

血圧の疾患

血圧の疾患といえば高血圧が有名です。
実際に血圧が高いと医者に言われている方もおられるでしょうし、すでに血圧のために医者にかかっている方もおられるでしょう。
名前だけは有名ですが、高血圧は注意したい疾患となります。
そもそもこれは何かというと、血圧が高い状態のことです。
血圧とは心臓から血管を通して血液を送り出す力だと考えてください。
これが高いということは、それだけ心臓が力強く血液を送り出していることになります。

血液は生命維持に不可欠なものですから、それが力強く押し出されているのはいいことなのではと思えるかもしれません。
しかし何事にも限度があり、その力があまりに強すぎる場合、心臓や血管に大きな負担がかかります。
その結果、心不全、脳卒中、心筋梗塞など、命の危険もあるような重大な疾患につながる恐れもあるのです。
そのため高血圧はなるべく適正値に近づける努力が必要な血圧の疾患と扱われており、病院で治療も行われています。

内科で相談可能

血圧の疾患について相談したいときは何科へ行けばいいのか、とっさに判断がつかないかもしれませんが、風邪をひいたときなどにかかる内科で診察や治療を受けられることも多いです。
この疾患についてより専門的な診察や治療を受けたいなら、循環器科、循環器内科がおすすめとなります。
また、高血圧などよくある血圧の疾患については、高血圧外来といった形で、内科などに専門の外来が設けられている場合もありますから、そちらでもその疾患に特化した診察や治療を受けられます。

血圧の疾患の治療について

血圧の疾患で病院を受診したとき、どのような治療になるでしょうか?
よくある高血圧の場合でご紹介すると、まずこれら内科で血圧を下げる薬を処方されることが多いです。
その薬を飲むことで血圧をある程度下げられますから、体に負担がかかる高血圧の状態を和らげられます。
そしてこれら薬を飲むだけでOKという治療にはならず、生活習慣の指導もされることが多いです。
高血圧でNGとされやすいのは、過度の飲酒や喫煙です。

これらは高血圧を招きやすいため、なるべく控えるように言われがちです。
さらに運動がおすすめされる場合もあります。
ウォーキングや水泳など、全身を使った運動を軽くするだけでも血圧が下がりやすくなります。
肥満体型の方の場合、その運動によってダイエットに成功できると、その効果でも血圧が下がりやすくなります。
このほかにも食事療法を進められる場合もあり、薬の処方と合わせて生活習慣を見直すことで高血圧を改善していくのです。
このような治療も内科などで受けられます。

風邪とインフルエンザの違い

風邪とインフルエンザは違う?

風邪とインフルエンザはどちらも冬になると経験することも多いでしょう。
どちらも症状自体は似ており、鼻水やくしゃみが出る、喉が痛くなる、熱が出るなど、全身にいろいろな症状が出ます。
インフルエンザは冬になると流行が報道され、これを警戒して予防接種を受ける方もよくおられますが、こちらもつまりは風邪のような病気だと思えるかもしれません。
しかしこれらには違いがあります。
『風邪とインフルエンザの違い』 の続きを見る