気管支喘息とは | 教えて!新宿の内科のお医者さん

menu
HOME » 内科のお医者さんに聞いてみた » 気管支喘息とは

気管支喘息とは

気管支喘息は、気管支にけいれんが起きてしまったり、痰が絡んでしまい呼吸がしにくくなったり、気管支が狭くなってしまったり、そんな気管支の不調により呼吸がしにくくなり、苦しくなってしまうのが気管支喘息です。
喘息の症状は、温度変化に敏感で急に寒いところに出たり、首が冷えてしまったりすると咳こんでしまいます。
気管支喘息の症状が出ているときの呼吸は、特徴のある音が聞こえます。
ヒューヒューゼーゼーといった音が胸から聞こえる場合は気管支喘息を疑います。

気管支喘息は夜寝るときやまた明け方に特にひどく咳こんでしまいます。
発作がひどい場合は吸入をします。
気管支喘息の咳による発作は、最悪の場合命を落としてしまう事もあるほど大変な病気です。

喘息はなぜ起こるの?
気管支喘息の患者さんはアレルギー体質であることが要因となっております。
特にハウスダストであるイエダニやほこりなどに反応してしまいます。
ですのでなるべくアレルゲン物質を吸い込まないように、掃除や換気をすることによってできるだけアレルゲン物質を体内に取り入れないようにすることが重要です。

また気管支喘息にかかってしまうと仕事に行けなくなってしまったり学校に登校できなくなるほど、ひどい症状になってしまいます。
気管支喘息の患者さんはなるべく喘息にならないように、小児科や内科で処方された薬を上手に利用して、発作を起こさないようにコントロールをしていく事も重要になります。
また一度気管支喘息の発作が出てしまうと、しばらく咳が出やすくなってしまいます。
発作が出てしまった時は場合によってはステロイドの入ったお薬を服用したり吸入したりすることで発作を抑えます。

咳で寝れない日が続くと大変つらいです。
ゆっくり身体を休ませてあげる事、しっかりと睡眠をとることで症状が抑えられますが、なかなか咳で眠れないと疲れてしまい気管支喘息も良くなりません。
そういった場合は少し背中を起こしてあげてしっかりと水分を取ると少し落ち着きます。
また寝る前に薬を飲んで咳を抑えるなどして出来るだけ睡眠を確保できるようにすることが大切です。

気管支喘息がひどくなる秋から冬にかけては、早めに内科や小児科を受診して処方薬などを用意しておくと良いでしょう。
気管支喘息の患者さんはかかりつけ医を決めておくと安心できます。
命をも落としてしまう危険が潜んでいる気管支喘息、しっかりとした知識を持ち身体をコントロールしていく事が大切です。